印鑑を作るなら、篆書体がお勧めです

成人を迎えたお祝いや、就職祝の贈り物として印鑑は最適です。大人になり、車や家などの大きな買い物をするときに、実印などが必要になる場面も多くあり、自分の実印を持つことは大人になったという印でもあります。最近ではネットでも注文出来るようになり、どこで作るのか分からなかったり、判子屋さんに足を運ぶという機会がないと言う方にも、自宅で注文が出来るので大変便利です。印鑑を作る時に、書体は何にするべきか悩むこともあるでしょう。もし書体選びに迷ったなら、篆書体がお勧めです。篆書体は、お札やパスポートにも使われている書体で、風格があり美しく複雑な形なので、可読性も低いので偽造されにくいという利点もあります。その為、個人法人共に人気がありますし、誰に見せてもどこに出しても恥ずかしくない、長く使えるものになるはずです。

実印の印鑑を作るなら篆書体

重要な印鑑に使われる書体で多いのが篆書体、吉相体です。篆書体はお札に印刷されてる印鑑でもおなじみで、実印でよく使われる歴史のある書体になります。太枠篆書体というものもあり、枠が太め、文字が細めにデザインされたもので、女性の実印の書体として人気です。吉相体は開運印相によく使われる書体で文字を崩したようなデザインで複製がしにくいため、銀行印として使われることが多い書体です。複製がしにくいので、実印としても適していますが、稀に役所によっては文字照会ができずに登録できない場合もあるようです。個人的には吉相体が一番デザイン性に優れてるので好きです。実印を作る時に初めて印鑑の書体にも様々な種類がある事を知りました。印鑑屋さんに行くと、書体のデザインもそうですが、印鑑の素材も沢山あり、作るのに迷ってしまいます。大切な印鑑は気に入った書体、素材で作りたいですからね。

印鑑(実印)に篆書体の趣を

漢字の書体には楷書・行書・草書・隷書・篆書が有りますが、印鑑に使用される文字では仮名等その他の文字も可能です。漢字の書体にはそれぞれ特徴が有りその特徴を生かして印鑑にも利用出来ます。認印・銀行印・実印についてですが認印に関してはシャチハタ印で代表される簡易な形状の苗字で特に問題ない、最近は自筆サインの方が有効性が増している感もあります。銀行印に関してはカード時代でATMでの引き出しにより以前ほど使う機会が少なくなってきました。しかし届け出書類など依然と重要性が存続しています。実印は使う機会が少ないものの、個人を証明するのに必要な書類(証明書を添付して使用することで)に欠くべからざるに違いありません。また企業においては登録印として代表社印を法務局に届けます。このように国内における生活に欠かせない印鑑ですがその使用目的や重要性に準じて作りも変えるべきです。せめて銀行印・実印・法人代表社印は偽造・変造など悪用されない事が最重要となるので、その対策として篆書体で彫られた方が良い。加えて苗字と名前も彫られるべきです。

一生使うものだからこそ大切にしたい、想いを込めて作りたい印鑑を最高の技術と、最高の使い心地でご提供いたします。 良い品を適正価格で、印材の品質も他社を圧倒します! フレッシャーズセールがあります。 印鑑の専門店「平安堂」のオンラインショップです。 ギフト需要(結婚・誕生・入学・卒業・就職・起業・車購入・不動産)など人生の節目のアイテムです。 法人印鑑(銀行印・代表者印・角印)です。 印鑑は篆書体がオススメです。

WordPress Themes